読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Dose of Rock'n'Roll

いろんな国の映画について書いています。それから音楽、たまに本、それとヨーロッパのこと。

EU Film Days 2016 / Made in Hungaria (2009)

そういえば、こないだオーバーハウゼンの短編映画祭のことを書いたのですが、もうすぐ日本で開催される面白い映画祭の情報をたまたま見たのでシェアしておきますね。
 

f:id:coroand501:20160612223453p:plain

EU Film Days 2016
 
 
公式サイトがこちら。
(※ 音声が出るのでご注意ください!)
 
 
 
「映画で旅するヨーロッパ」というキャッチコピーの通り、ヨーロッパ各国の映画が一挙に観れるなかなか稀有なイベントです。2016、とついているところからも分かる通り毎年開催されています。
 
私が学生のころから毎年開催されているので10年以上続いているイベントです。しかも学生はなんとたったの300円!
 
さまざまな国の文化を広く紹介することには諸手を挙げて賛成な私なので、本当に素晴らしいイベントだと思っています。東京っていい街だな〜。
 
国によっては最新作じゃないこともあるのが玉に瑕ですが、それでもここでしか観ることのできない映画を毎年やっているので、映画が好きな人には本当にオススメです。ブルガリアとか、ラトビアの映画なんて普通観れませんしね。
 
東京が6月18日〜7月10日、京都では6月25〜翌月15日まで開催しているようです。宝町なつかしいな〜。
 
 
 
そんなEUフィルムデイズで2012年に観た最高の作品がこれ。日本では『メイド・イン・ハンガリー』というタイトルで公開されていました。
1950年代に、当時は共産主義国家だったハンガリーでロックンロールを根付かせようとした実在のロッカーの話。とにかくもうそのロックンロールが(しかも主人公はギターじゃなくピアノ!)たまらなく爽快で、もう一度どころではなく、家に置いておいて折に触れて観たい作品になりました。
そもそもハンガリー映画って他にあまり知らないのですが、個々のキャラクターも魅力的で、お話の運び方もすごくスムーズ。ハリウッド映画と比べても全く引けをとらない、しっかりと作られた映画です。
 
ただ、今に至るまでDVDを発見できてないんですよね……。いや、あるにはあるんだがマジャール語オンリーで、さすがに字幕がないときつく…(Blurayでは英語字幕があるようだけど)。
どなたかご存知であればぜひご一報を…!
予告編ですでに最高!