A Dose of Rock'n'Roll

いろんな国の映画について書いています。それから音楽、たまに本、それとヨーロッパのこと。

リンゴ・スター&オールスターバンド@ベルリン

なんと我らがリンゴ・スターが今週から来日するようですね!

 

こちらも→ RINGO STARR And His All Starr Band - ウドー音楽事務所

 

いやーうらやましいなあ。日本公演、未だに見たことないんですよね…行かれる方はがっつり楽しんできてください&少しでもリンゴ&オールスターバンドの知名度が高まりますように!

 

今回はそんなわけで私が長年愛してやまないオールスターバンドの紹介をほんのりしながら、去年行った(のに全然書いてなかった)ベルリン公演について書こうと思います。

 

  • ◼︎ リンゴの来日
  • ◼︎ リンゴ&オールスターについて
  • ◼︎ 私とリンゴ&オールスターズ
  • ◼︎ 2018年ベルリン公演
    • 会場とか
    • 2018年ツアー
    • 前座とオーディエンス
    • 総評
    • 本編の感想

◼︎ リンゴの来日

リンゴはオールスターバンドを始めた(それまで活動が停滞してアル中になっていたのでカムバックと言われました)のが1989年で、その年に早くも来日しており、さらにメンバーを入れ替えた第3期、95年に再来日。しかし、そこからは日本にとんと縁がなくようやく2013年に久々の来日が実現したのでした。

→リンク: JASHさんによるポールのサイトの特設ページが詳しいです。ちなみにこのサイト、20年以上更新されている素晴らしいファンサイトです。メインのポールに関するコンテンツが充実しており、個人サイト全盛期だった中学生のころから私も見ています。こういう個人サイト、情報の”速度”という点では大手がSNSで発信するものにもちろんかかないませんが、私は今でもとても重要だと思うんですけどね。

 

その後は16年、そして今年とコンスタントに来日してくれるようになっています。オールスターズのツアーは基本的にリンゴが現在住んでいるアメリカのみのことが多く、この頻度で訪れている日本は世界的に見ればかなりラッキーな国ではあります(アジアでは16年ツアー時に初めて韓国公演が実現)。

 

うーん、どちらの年も日本公演、見たかったな〜こちらも長年のファンのトッド・ラングレンを拝みたかった。。

どこで仲良くなったのかトッドは92年の第2期オールスターズ参加以降、リンゴのスタジオアルバムにもよく参加しています。

f:id:coroand501:20190325080921j:plain

ご尊顔出典

続きを読む

ドイツ映画祭2019が開催されています

ドイツ映画祭がユーロスペースで開催されているようですね!

私は行けませんが、久々に映画館で開催されることを知って嬉しくなったので書いておこうなと。

f:id:coroand501:20190311064834j:plain

www.goethe.de

 

  • ◼︎ ドイツ映画祭について 
  • ◼︎ 今年のドイツ映画祭
  • ◼︎ ドイツ映画祭ーこれまでのまとめ
  • ◼︎ ドイツ映画祭で上映されたオススメ作品

 

◼︎ ドイツ映画祭について 

実は2005年に大々的に開催されたイベントに参加して感銘を受け、それ以来ファンになっています。私自身が上京したてだったのもあるんですが、個人的には映画祭の楽しさと現代のドイツ映画のすばらしさを教えてくれた思い出あるイベントなのです。それが形を変えながらも14年後の今も開催されているとは、なかなか感慨深いものがあります。
っていうか、検索してみたらなんとその年の公式サイトがまだ残っていました。すごい!

 

この映画祭の良さは、単に”私がドイツ映画好き”というのを差し引いても、行く価値のあるイベントだと思っています。理由は簡単で、出品されている作品がどれも高水準だから。若干アート系(ミニシアター系)が多いとはいうものの(でもまぁそういうのが全く苦手な人はそもそもこんなイベント行かないよね…?)、エンタメ大作やドイツ国内でファミリー向けにヒットしたものなんかも扱われているのでそんなに敷居も高くなく、バラエティに富んだ良いチョイスを毎回してくるなあ、という印象です。

というか、ゲーテ・インスティトゥート(およびジャーマン・フィルムズ)の映画輸出への情熱と選”作”眼は無視できないものがあります。先月記事を書いたタリン映画祭でも(ドイツ系の人が多いのかもしれません)わざわざ枠を設けて出品していましたが、ヨーロッパ映画賞を獲得したものを含めてどれも良作ぞろいでした。

催し物 - 東京 - Goethe-Institut Japan

 

◼︎ 今年のドイツ映画祭

さて、そんな映画祭は今年は渋谷のユーロスペースで開催ということで、これまで以上に”ふさわしい場所だな”という感があります(笑)。プログラムにざっと目を通してみましたが出品作品もなかなか良さそうです。

私が観たことのあるのはケイト・ブランシェットが1人で多種多様な人間を演じ分ける異色作『マニフェスト』だけでしたが(エンタメとは真逆ながら強烈な印象)、去年のベルリナーレで評価の高かった『ロミー・シュナイダー』、ドイツで大ヒットしたフリッツバウアーの映画『アイヒマンを追え!』のラース・クラウメ監督の最新作、『東ベルリンから来た女』でおなじみのクリスティアン・ペツォルト監督『未来を乗り換えた男』など、堅実なラインナップです。ドイツは日本と比べ物にならないほどドキュメンタリーも多く上映されており、レベルの高い作品も多いので2本のドキュメンタリーが上映されるのも見逃せません。こんな書いてても私、行けないんですけどね?(笑)

 

うーむ、これほんと東京にいたら今週末朝から晩までユーロスペースだったんだけどなあ……。たった1週間の上映ですが、興味があれば、是非。

 

 

続きを読む

タリン映画祭にいったこと

最近ちょっとだけ各地の映画祭を紹介するブログみたいになってますが、、、でも楽しいです、映画祭!というわけで今回も。

 

行ってから少し時間が経ってしまったのですが、11月下旬〜12月頭まで開催されていたタリン映画祭に行ってまいりました。

正式名称はTallinn Black Nights Film Festival。略してPÖFFなんですが、エストニア語がさっぱり分からない私はこの略称が覚えられず映画祭のサイトになかなかアクセスできませんでした(何度ググったことか……笑)

よく見ると「International」とついていない珍しい映画祭ではありますが、出品作品は十分世界各地からの作品が並んでおり、Wikipediaによれば、世界14大映画祭の1つだそうです(だから多いってば)

それにしても、行ってみたものの別段極夜というわけではなく*1、名前の由来にはあまりピンときませんでした。いやもちろん日の入りが15時すぎで基本は暗かったですけどね?(笑)

 

……え?タリンってどこかって?そう!エストニアの首都なのです。いわゆるバルト三国。個人的には行ったことない土地だったので映画祭行きを決めたところもあります…!(旅行・観光を兼ねたなかなかいい趣味のような気がしていて……おすすめです!)

 

あまりなじみのないところかもしれませんので、今回はちょっと旅行ガイド的に。

 

*1:極夜は英語でpolar night

続きを読む

2018年の映画たち

あけましておめでとうございます。

2019年も当ブログをどうぞよろしくお願いします。

去年は途中長期間更新が滞ってしまい1年でたった10本しか書けませんでしたが、今年はもう少しマメに更新してまいります!(毎月書けば去年以上になるという低い目標……苦笑)

 

さて、一応年始なので2018年に観た映画を振り返っておきたいなと思っております。なんとなく順位づけしたくない年だったので、ランキングにはせず、印象に残ったものについて少し。ちなみに全部で106本観ていました。

 

続きを読む

Blue My Mind(2017)

ワルシャワ映画祭のことを書いていたら今年の1月末に行ったロッテルダム映画祭のことを思い出しました(すでに10ヶ月前……時間あれば書きたかったのですが…)

 

そこでもいくつも良作と出会えたんですが、本作はめでたくドイツや日本でも最近配給になったようで。プレミア直後に数社から声がかかったと監督が話していましたが、それが結実するのを見るのはやっぱり嬉しく、映画祭の醍醐味なのかもしれません。

 

最近スイスの映画でいいものないかな〜、と思っていたところでちょうど観れたので僥倖でした。それにしても、スイスドイツ語なのでこれオランダ語?ってぐらい聞き取れず。英語字幕で見てよかった、、、(傷つくドイツ在住のプライド…笑)

f:id:coroand501:20181203060422j:plain

Erfolg folgt auf Erfolg: ZHdK-Abschlussfilm «Blue My Mind» | ZHdK

 

ブルー・マインド : 作品情報 - 映画.com

 

 

!!! ここからはネタバレを含みます !!!

(この作品は知らないで観た方が面白いです)

続きを読む

祈り(1967)

f:id:coroand501:20181204072329j:plain

世界中に分断と対立が広がる現代に贈る-ジョージアが生んだ伝説の巨匠テンギズ・アブラゼ監督の「祈り 三部作」日本初の一挙上映! - シネフィル - 映画とカルチャーWebマガジン

 

祈り : 作品情報 - 映画.com

観た映画は基本的に記録をつけておきたいのと、やはり非常に貴重な映画を観たというので書いて起きたいのですが……。なんか↓みたいな感じにしかなりませんでした。。。

 

 

続きを読む

ワルシャワ映画祭 続き

本当は全部ちゃんと書ければいいのですが、なかなか遅筆で……うーむ、ブログ向いてない(笑)。

 

というわけで、端折ってワルシャワ映画祭で観た作品をいかに4つ上げて締めたいと思います!

 

『Moon Hotel Kabul』(ルーマニア、2018)

f:id:coroand501:20181203050117j:plain

Moon Hotel Kabul (2018) - IMDb

タイトルからアフガンの映画かと思うが、実際にはルーマニア発のコンペティション作品。同映画祭ではAnca Damian監督が最優秀監督賞を受賞しました。

実は観てから本作の評価について考え続けているのですが、なかなか難しいものでした。ある女性の死をきっかけにした主人公の心の旅、というべき作品ながら彼の成長というにはもともとそれほど未熟には描かれていないし、主人公が決断を下すエンディングを成長という前向きな言葉では表現したくない。「失ってから気づくもの」や「真実を明らかにすること」は確かに本作にとって重要な点だが、それだけではない。じゃあ、なんなんだろう?この映画が言いたかったこととは。遺体を受け取って彼女の故郷であるルーマニアの田舎までのロングドライブ、そしてその道程で出会う人々。それらが必ずしも有機的に結合しないこと、そして思いがけない出来事が人生に影響を及ぼすこと。自分が決断することだけではない、そうした「ふとした」事実によっても人生が意図せず作られていることを表現したのが本作なのかもしれない。受賞も納得の、非常に味わい深い作品でした。

 

f:id:coroand501:20181203050139j:plain

ちなみに、基本的に前情報はできるだけ入れないで映画を観る方なのですが、とはいうもののこれをアフガニスタン映画と思い込んで行ったのはさすがにちょっとあほだなと思いました(笑)。

 

(画像および参考リンクは以下)

Romanian female director Anca Damian wins two international awards in Warsaw and Madrid for "Moon Hotel Kabul" - The Romania Journal

Moon Hotel Kabul - Cineuropa

 

『Ederlezi Rising』(セルビア、2018)

f:id:coroand501:20181203050848j:plain

Ederlezi Rising (2018) - IMDb

孤独な宇宙への旅に同伴するアンドロイドが若い女性だったら?という、まぁ男性が好きそうなモチーフを直球ストレートに表現した、逆になんか目新しい映画だった。セックスシーンがやたらと多い。

お話としてはかなり王道(というか古典的?)SFで、アンドロイドは意思を持つのか?外見が人間と相違ないロボットが意志を持ったらそれは人間と言えるのか?というもの。それにしてもなんで人間は禁止されてると絶対それを破って取り返しつかなくするんですかね。

先に書いたようにセックスばっかりしてて(まぁそれが1つのテーマともいえるんだが)、脱ぎっぷりがすばらしいなあこの女優…!と思っていたら現役のポルノ女優でした!ちょっとがっかり…(でも演技は普通によかったんだけどね)。

それにしても近未来的なコンピュータの画面(デザインそのものは新規性なし、黒いバックに線で文字や図を写すやつ)の言語、セルビア語(だと思う、キリル文字は…)と英語の他にハングルが常に出ていたのだがなんで韓国語?

f:id:coroand501:20181203050745j:plain

基本的に男と女の2人のドラマなんだけど、男の方がちょっとジョージクルーニーに……似てない?

(画像および参考リンクは以下)

Ederlezi Rising

Ederlezi Rising | Official Trailer - YouTube

 

 

 

================ 

以下は個人的にそんなに……でした。

 

『Soledad』(アルゼンチン、2018)

イタリアで活動した実在の過激派テロリストの伝記映画。コンペティション作品で期待してたのですが、あまりにも感傷的な映画で個人的には全然共感できませんでした……。思想に共鳴してテロリストになったはずなのだが、その思想性が全然読み取れず。これだけ見ると好きになった人がテロやってるから自分もやりました、としか見えず。……残念。

www.imdb.com 

『When the Trees Fall』(ウクライナ、2018)

離れ離れになった若い男女の話。男は押し込み強盗をするもギャングに追われる身になり、女は望まない結婚をする羽目に。悲劇なのだろうが最後の唐突なSF的展開に度肝を抜かれる。ただ、ちょっと何を言わんとしていたのかは……。馬を愛でる無垢な女の子が可愛かった。

www.imdb.com